お部屋でも楽器の練習をしたい方必見!

皆さん、こんにちは!

木曜日を担当しています。
広島大学前店の岩堀(イワホリ)です。

先日、楽器を背負って自転車をこいでいる
人を見かけました。
最近では、大学のサークルや趣味で楽器演奏を
する人が増えてきてますよね~

そこで今週は、楽器演奏のできるお部屋を探してみました。

ベルエトール・K
西条中央のお部屋で、32部屋のうち9部屋が楽器演奏可能。
安心のオートロック付きで9帖と広いお部屋になっています。

アビリオン
大学からも近いエリアの西条下見にある物件で、
こちらもオートロック付きで、ショッピングセンター
も近く、買い物にも便利な物件です。

残念ながら、現在、楽器演奏可能なお部屋は満室でした。
やっぱり人気のあるお部屋なんですね(笑)

興味のある方は、お部屋の空きを見逃さないように、
アパマンショップ広島大学前店のホームページをチェック‼
https://www.planningsupply.jp/

以上、今週はお部屋の情報でした。

赤い瓦が多い東広島市、その原因は。。?

皆さん、こんにちは~

毎週火曜日を担当してます。
アパマンショップ広島大学前店の毛(モウ)です。

今週は東広島市の赤い瓦について少しお話したいと思います。
はじめは2年前くらいでした。
お客様を案内していた時、
「毛さん、ここらへんって、なんで赤い瓦ばかりですか?」

「なんでですかね。。」
「カープ色だからですかね?」←予想外の質問に戸惑う私

「ははっ、あんまり見ないから、ちょっと気になりました。」

当時の私はそれを意識したこともなく、
お客様の質問に答えられませんでした。

その後、google先生に聞いて、色々とまとめてみました。

名 前:赤瓦
特 徴:寒さに強い
(瓦は寒さでだめになるのもその時初めて知りました。)
材 質:釉薬(ゆうやく) 焼くと赤くなります。
ルーツ:石川瓦

東広島市の冬が寒いため、それに対応できる瓦が必要と、
その焼き方に耐えられる素材が取れると二つの因子が揃い、
赤い瓦が普及したのである。

思わぬきっかけでしたが、地域のことをより知ることができ、
大変勉強になりました。
そして、このブログをご覧になっていた方のお役にも立てれば嬉しいです。

それでは、また来週です。